肌に優しい洗顔パウダーでお顔すっきり~使い心地ランキング~

Home > 洗顔パウダー情報 > 洗顔パウダーの利用者が急増している

洗顔パウダーの利用者が急増している

顔を洗うための用品はたくさんありますが、最近は洗顔パウダーを利用される方が増えてきています。
様々な美容メーカーが生産しており、今ではランキングサイトが出来るほどの種類があります。
洗顔パウダーを使い続けるとツルツルのお肌になり、肌の弾力性が増すなど、美容効果が高いのが特徴です。
ホイップクリームのような濃厚な泡が作れるので、顔を洗った後に爽快感が残ります。
形状がパウダー(粉)なので、水と空気のバランスを調整しやすく、きめ細かいもっちりとした泡になります。
使用される際、水などの液体を容器に入れないようにしましょう。
一度容器に入ってパウダーと合わさってしまうと、最後まで使えなくなる可能性があります。
又、粉なので飛び散りやすいので、泡を作る際も気を付ける必要があります。
洗顔パウダーは他の洗顔料と比べて扱い難しいのですが、優れた効果があると言われているので正しく活用しましょう。



洗顔パウダーは上手に泡立てると効果アップ

洗顔は、たっぷりの泡で洗うことが大切です。
泡の状態も柔らか過ぎず、泡立てた時に弾力を感じるくらいの固さが最適です。
顔に泡を乗せた時に、顔と手の間に泡がしっかり残る状態で、手ではなく泡で洗顔するようにすると、摩擦が抑えられて肌への負担が少なくて済みます。
固めの泡はキメも細かく、洗浄力もアップします。
だからといって使用量を増やせばいいというものではありません。
適量をいかに上手に泡立てるかがポイントです。
洗顔パウダーは使用感に定評のある商品も多いですが、特に上手に泡立てるのが難しい洗顔料でもあります。
ダマになり易いですし、最初から多めの水を含ませるとすぐ柔らかくなってしまいます。
手ではうまく泡立てられない場合は、泡立てネットが便利です。
百均のお店などでも売られています。
少量の水から始めるほうがパウダーがきれいに溶けますので、濡らしたネットの水を一度払ってから使います。
時々ネットを絞って泡の量や固さを確認しながら水を足していくときれいな泡が作れます。



酵素洗顔のできる洗顔パウダーの使い方

洗顔パウダーとは、粉状の洗顔料のことです。
「酵素」が含まれている洗顔料は、水分を加えることで、酵素の働きが活発になってしまうため、粉状のものが一般的です。
酵素が配合された洗顔パウダーは、酵素のたんぱく質・脂質分解作用で、毛穴の汚れや古い角質などを落としやすくしてくれます。
ペースト状や固形洗顔料に比べ、泡立てるのが少し難しいかもしれませんが、しっかり泡立てることが汚れをしっかり落とすためのポイントです。
洗顔ネットなどを使い泡立てると泡立てやすいでしょう。
しっかり泡立てることにより、酵素が毛穴の奥まで届き、汚れをしっかりと分解してくれます。
どうしてもうまく泡立てられない場合は、普段使っている洗顔フォームに混ぜて使うと、より泡立てやすいかもしれません。
酵素洗顔は、スペシャルケアとして週1回程度行うといいとされています。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP